治療例
Works

変形性股関節症

60代女性で普段から健康のため運動を行っていたそうです。
ある日急に左股関節に痛みが走り、その後痛みは増強したため、近医受診し、変形性股関節症と診断されました。
そして股関節の手術が多く行われている病院で診察した結果、
手術した方がよいといわれましたが、手術はしたくないとのことで当院を受診しました。

 

初回の診察では股関節の痛みとお尻から腰への痛み、突っ張りもありました。
股関節を曲げる、開く、ねじる動作に痛みと骨同士がぶつかるようなギシギシとした音、関節可動域(動き)の制限がありました。
初回の治療で痛みの軽減とともに関節可動域の増大を認めましたが、症状は残りました。
2週間に1回の頻度で治療を継続していき、2か月ほど経過した頃に痛みは激減しましたが、
ギシギシとした音と関節可動域の制限は残りました。

 

その後も月1〜2回程度の治療頻度で治療を継続していきました。
動かした時のギシギシとした音はなくなりましたが、あぐらをかくような股関節の開きでは制限が残りました。

 

股関節の痛みが消失した頃に最初の病院で再度レントゲンを撮影したのですが、
変形の状態は痛みがあった時とは変わりはなかったそうです。
「痛みがなければ変形は進まない」と言えるかもしれません。
今回の症例から
・痛みと変形は必ずしも一致しない。
・仙腸関節からくる痛みが改善すれば変形は進まない可能性がある。

完全予約制・自由診療
診療時間 9:00〜12:30、14:00〜18:00
  • ×
  • ×
  • ×
東京都目黒区下目黒6丁目14-17(目黒通り目黒消防署横のタイ大使館の斜め裏)
電車の最寄り駅 JR 目黒駅徒歩25分
東急東横線 祐天寺駅徒歩25分/学芸大学前徒歩25分
※徒歩 所要時間はおおよそです。
最寄のバス停 目黒消防署徒歩1-3分
バスへの接続 JR目黒駅より
黒01 大岡山小学校前
黒02 等々力7丁目二子玉川駅
黒07 弦巻営業所
東98等々力操車所
林試の森に近い下目黒にて、ゆったりとした落ち着いた環境の中、新たな試みのクリニックです。 腰痛・膝痛などの関節痛や脳卒中後の麻痺で困っている方に、神経学的評価の上に関節運動学的アプローチを中心に治療致します。 日常生活の中でのちょっとした動作に不自由を感じている方に、その原因をご説明してその対処法をご指導申し上げます。 院長は、日本AKA医学会の指導医/専門医・脳神経外科・リハビリテーション科の専門医・外科認定医を取得しています。多面的評価のうえ、適切な治療と指導を行います。お気軽にご相談ください。